女性

今年こそ自分を磨いて自信を持とう│豊胸手術で悩みと決別

傷跡なしのわきが治療

女の人

わきが治療の方法はいくつかありますが、リスクが少なく効果が高い治療法としてミラドライが注目されています。手術の場合と同じぐらいの費用がかかりますが、医療機関によってはモニター割引を提供しているところもあります。

Read More..

肌に効果的なレーザー照射

婦人

ニキビ跡は色素沈着を起こしたりクレーター状になったりします。これを治療するにはレーザー照射が効果的です。皮膚に軽いやけどを起こすことでコラーゲンを生成し肌を活性化します。術後かさぶたが取れたあとしばらくすると綺麗な肌になります。

Read More..

方法は選べる

胸部

豊胸手術は医療の進化とともに、様変わりしてきました。以前はシリコン製のバッグを挿入する方法が一般的でしたが、現在では選択肢が増えています。体内に異物を入れることに抵抗があるといった場合には、自分自身の脂肪と注入する豊胸手術があります。この方法は、お尻や太ももから脂肪を吸引し胸に入れていくため、豊胸とともに部分痩せも可能になるので人気があります。また、自分の脂肪を入れるので、拒絶反応なども起こりにくいとされています。しかし、痩せていて脂肪が少ないタイプの人は、豊胸手術に必要な量の脂肪が取れないため、この方法には向いていないでしょう。事前にカウンセリングを受けて施術可能な体脂肪率などのチェックを受けるようにしましょう。豊胸手術をしてみたいけれど、大掛かりな手術にしたくない人や不自然になってしまわないか不安な人は、ヒアルロン酸を注入する方法がよいでしょう。この方法は、ヒアルロン酸を胸に注入していくだけなので、ダウンタイムも少なく長期の休みが取れない場合でも受けられます。また、ヒアルロン酸は自然と体内に吸収されていくため、まずはお試しで1カップ程度バストアップしてみたいといった希望にも合わせられます。現在のバストサイズよりも大幅なバストアップを望む場合や、永久的に豊胸効果を得たい場合には、シリコンバッグによる手術がよいでしょう。使用されるシリコンバッグは、より自然に見える工夫がされています。以前まではシリコンバッグは不自然さや硬さがネックとなっていましたが、最近では触ってもわからないほど本物に近いようにできています。